花咲ガニの特徴とおいしい食べ方を教えます。

花咲ガニは、生息域は比較的狭いため、日本では北海道でしかとれないカニです。そのため、流通量が少なく、幻のカニと表現されることもあります。太く短い脚と、とげだらけの甲羅が特徴的で、味も絶品と評判です。

花咲ガニの見分け方

日本国内で、主に花咲ガニ漁が行われるのは、北海道の根室半島です。国産以外では、より北の海域でとれる、ロシア産の花咲ガニがあります。旅番組で味の良さを絶賛され、全国的に知名度が上がるまでは、漁獲域の地元民しか知らないカニでした。

名前の由来は、二つあります。根室半島の花咲港で多く水揚げされるからという説と、ゆでた際に、花が咲いたように殻が鮮やかな紅色に染まるからという説です。目で楽しめることも、人気の理由です。

花咲ガニは、見た目が特徴的あるため、見分け方は簡単です。とげだらけの太く短い脚と、とげに包まれたハート型にも見える甲羅が目印となっています。国産の花咲ガニは春先から秋にかけての期間に多く、冬場はロシア産の冷凍物が多くなります。季節によって産地が異なる場合があるので、チェックしておきましょう。有名な根室半島の花咲ガニ漁は、夏に解禁されるので、北海道旅行の目玉ツアーの一つにもなっています。

花咲ガニの上手な食べ方

見た目も鮮やかで美しい花咲ガニですが、特徴の一つである、とげには注意しましょう。一般的な食べ方としては、ゆでガニにするのがおすすめですが、殻ごとのかぶりつきは禁止です。軍手やハサミなどを準備して、ケガを防ぎましょう。

花咲ガニを食べるなら、北海道の郷土料理でもある「鉄砲汁」にも挑戦してみましょう。食べる時の姿が、鉄砲を掃除する様子と似ているため、鉄砲汁と呼ばれています。花咲ガニ料理を代表するといっても過言ではないほど有名な料理です。

作り方は簡単で、豪快にぶつ切りにした花咲ガニの脚で出汁をとり、味噌で味を整えれば完成です。濃厚な身と出汁を同時に味わえることができる、贅沢な一品になります。また、残った殻だけで出汁をとり、一晩寝かせた後に味噌で味を整える方法もあります。どちらが良いかは、お好みで決めましょう。もちろん、焼きガニにしても香ばしくて美味しいですし、カニ鍋にしても濃厚な出汁が出るので余すところなくいただけます。

花咲ガニは、オスとメスでは味わいが大きく異なるのも特徴です。身の旨味を楽しむならオス、卵の珍味を味わうならメスがおすすめです。中には、卵目当てで花咲ガニを探す人もいますが、メスは希少品なため購入が難しいことが難点です。

ミソが微妙だと言われるタラバガニとは、近縁種となる花咲ガニですが、こちらはミソも絶品です。こってり濃厚なミソだけを、一口いただいた後は、身と絡めて絶妙な旨さを堪能しましょう。

生の花咲ガニは刺身で

生の花咲ガニの食べ方と言えば刺身ですが、適したカニの購入が難しいという問題があります。漁が解禁されている期間内に、新鮮な活ガニを手にいれる必要があるからです。生きたまま輸送してくれる業者さんと、刺身にできると表記されている商品を根気良く探しましょう。

刺身にするためには、とげだらけのカニの体から、軍手で手を保護しましょう。切れ味の良いハサミなどで、殻を砕かないように外します。カニを切った際に、体液が出るので、キッチンペーパーなど敷いておくと便利です。

殻を外した後に、氷水に約20秒さらすと、カニの身が引き締まります。ぷりっと弾力のある刺身は、わさび醤油だけでなく、好みの調味料を試しながらいただきましょう。同じ要領で身を外した後、しゃぶしゃぶや天ぷらにするのもおすすめです。特に、脚が太く肉厚なので、調理しやすい部位です。花咲ガニのメスが抱えている卵は生でもいけますし、醤油に漬け込んで後から楽しむこともできます。

購入した生のカニが冷凍品であった場合は、キッチンペーパーで包み、甲羅を裏にして冷蔵庫で解凍しましょう。貴重なミソの流出を防いでくれます。

Top